HOME>トピックス>贈る相手によっても品物を変えるのが好ましい

増加をするギフト

女性

結婚祝いを受け取ったのであれば、そのままにしておくのは大変失礼です。ですからお返しを準備しなければいけません。贈る相手によっても品物を変えるのが好ましいです。しかし相手がどんなものを希望しているのか分からない、という問題が出てきてしまいます。そこでカタログギフトを考えてみるとよいでしょう。カタログギフトであれば相手が好みのものを選択することができるので、もらっても困るということはありません。色々自由に選ぶことができるというのは助かりますし、人気も高くなっています。

金額を考える

結婚祝いのお返しはいただいた金額の半額程度を考えると良いと言われています。どれくらいの価格のものなのか、ということも考える必要があるので厄介です。中には現金や商品券を贈ってくれる人もいます。その場合には半額が分かるようになっているので便利です。品物を受け取った場合には、金額を予想することが難しいですが、今はインターネットで調べることもできるようになっているので、比較的分かりやすくはなっています。あまりにも高額すぎるものも低額すぎるものも失礼になってしまうので、手頃な価格のものを選ぶということが必要になってきます。

広告募集中